クリニック消化器内科

クリニッククリニックの消化器内科では、食道から胃、十二指腸や小腸、大腸などの消化管疾患を扱っています。胃がん大腸がんなどの大きな病気から、胸やけや便秘といった日常的な悩みの相談なども受けています。

がんの中でも胃がんと大腸がんは、毎年死因のトップを争っています。男女でかかりやすいがんの種類が異なっており、近年、女性の間で大腸がんが増えているとの報告があります。また、男性に胃がんが多いのは、お酒を飲む人が多いからではないでしょうか。クリニックの消化器内科では、それぞれ検診を受けることができます。死亡する人が多いことから、胃がんと大腸がんをセットで申し込むことのできるところもあるようです。一次検診で異常が出た場合には、二次検診として精密検査を受ける必要があり、該当する人に通知されます。

検査の前日は飲酒や喫煙を控え、食事も早めにすませておく必要があります。うっかり検査があることを忘れて食べてしまったような場合には、検査日の変更が必要となります。食べたものを消化できる胃はともかく、便が残ってしまう大腸は、大腸内視鏡検査を受ける前に下剤を服用します。胃がん検診では、胃がんの原因となっているヘリコバクターピロリ菌に感染しているかどうかを調べる検査が行われます。最近は、内視鏡で胃や大腸のすみずみまで検査できるため、腫瘍が発見されやすくなっています。小さなポリープの段階で発見されると手術の必要がなく、症状が軽くすみます。がんが早期発見されれば、治りも早くなるでしょう。


関連サイト横濱関内のクリニック<ほしの内科 >
消化器内科にも対応しているクリニックのサイトです。

Pocket